町屋からの八ヶ岳

町屋歩らり館

見どころ 


曹洞宗 城向山道喜院   





 
町屋くん:
 
こうちゃん:
町屋くん :
こうちゃん:

町屋くん :
こうちゃん:

町屋くん:


こうちゃん:
 
ここは曹洞宗の道喜院というお寺さんです。この辺じゃ親
しみをこめて うえん寺と言ってるさ。知ってたかい。
知ってるさうちも檀家だよ〜
この前行ったけど、見どころがたくさんあったじゃんかい
ほうだね。前住職と現住職がいろいろ説明してくれたもんね

新年には、ご本尊の御開帳あるっつうよ
俺んちは、毎年お参りに行き、ご先祖様、住職様へご
挨拶してるさ。
暖かい甘酒やみかんを頂き、年徳さんの御札を頂いて
けえるっつうこんだね

道喜院で会いましょう!
(下記のお知らせのところを見てくりょうし)


道喜院について
   
■ 宗派 : 曹洞宗
■ 本尊 : 聖観世音菩薩(秘仏)・お前たち像 聖観世音菩薩(立像)
■ 開基 : 谷戸淡路守 天文三年(1534)
■ 開山 : 清光寺七世 利山元益和尚 慶長元年(1596)
■ 由緒 : 
   当山は後奈良天皇天文三年武田信虎の隆盛時代、名僧海運和尚禅学修業の途次当地に宿し当山の閑静
   なるを賞し地を開き、郷民の帰依を受けて、当初に小庵を建立し道喜庵と称して開山したのが当山の初めであ
   る。その後、慶長元年長坂町清光寺七世利山元益和尚が勧請開祖となり現在地に堂宇お起こし城向山道喜
   院と改名し曹洞宗の宗派として再興された。北巨摩百番観音霊場のうち、逸見筋三十三箇所の内第三十二
   番の札所である。 (大泉村誌より)

  現在は、二十五世俊彦住職。
見どころ
    

■ 毘沙門天(道喜院守護神)                
   甲斐七福神の一つ毘沙門天。 常勝の出生運 慈悲 福徳富貴

■ 曹洞宗釈迦十三仏
   十三仏は、亡くなられた方の初七日から、三十三回忌までの合わせて十三回の追善供養をつかさどるご本尊様
   です。家門の繁栄を願い、先祖の冥福をお祈りしてください。

■ 子育て地蔵(民話あり)
   右手に錫杖、左手に宝珠を持つ。丸彫立像。子安地蔵とも呼ばれ、子授け・安産・育児などが祈願されます。
   銘「紀元二千六百年七月一五日 浅川高治敬 建之」

■ 天井画
   本東側堂廊下にある三十四枚の天井画。 大泉町内を自由に行き交う野鳥、広々と咲き誇る草花、道喜院の
   歴史と共に歩んできた枝垂桜、松などが多種多様に描かれています。 作 平井富重画伯

■ 松尾芭蕉、花仏和尚の句碑
   松尾芭蕉と当山十六世花仏和尚の句碑が道喜院入り口の道路脇にあります。
   芭蕉句:「あの雲は稲妻まつ便りかな はせ越うめ人書」
   花仏和尚句:「秋雨やはるる気色をもつ高峰 庵主花仏」
   谷戸城の麓には花仏和尚の句碑もあります。 「元旦の人は神なり仏なり」

■ お知らせ
   毎年1月1日(午前0時)から1月17日迄の間御開帳。
       
   1月1日(午前0時)の様子      鐘をつかせてもらいます

     
      年越しの道喜院の様子(住職が迎えてくれます)         年徳さんの御札



この他にも見どころが沢山ありますので是非一度お立ち寄りください。拝観は無料ですが本堂内の拝観は住職が在宅
の場合に限ります。

■ ■ 雪景色 ■■
         

■ ■ 春 桜の季節 ■■

          
   樹齢約100年の枝垂桜     夜にはライトアップもされます(午後7時〜9時頃迄)

お知らせ
■ 大和田霊園分譲のお知らせ

   墓地の種類  : 1区画 2.5mx3.95m(計33区画) 通路 1m
   所在地    : 山梨県北杜市大泉町谷戸字大和田4957−2
   連絡先    : 宗教法人 道喜院  TEL 0551−38−3769)
■ 元旦祭(おふだ供養)のお知らせ
   平成二十五年1月1日 0時より。年徳大善神のおふだがいただけます。