町屋からの八ヶ岳

町屋歩らり館  

見どころ 


曹洞宗 禅座山安楽寺  





 
町屋くん:
 
あきちゃん:
 
町屋くん :
あきちゃん:
 
ここは曹洞宗の安楽寺というお寺さんです。この辺じゃ親
しみをこめて したん寺と言ってるさ。知ってたかい。
知ってるさ、ほしてここの住職は、ほりゃ声が良いって知
ってたけ
知ってるさ、お経もさることながらカラオケもうまいよ〜
ほうだね。あとはここからの富士山は絶景だね
安楽寺について
   
■ 宗派 : 曹洞宗
■ 本尊 : 釈迦牟尼佛 脇佛は文殊菩薩・普賢菩薩
■ 開基 : 逸見太郎光長 治承四年(1181)
■ 開山 : 清光寺八世 嶺瞻樹察大和尚 慶長元年(1596)
■ 由緒 :
   曹洞宗座禅山安楽寺は治承四年(1181)に谷戸城主黒源太清光の長子光長公「大通院殿学應浄林大居
   士」(武田信玄公より15代前)の開基により「大通院」と称し真言宗の道場として開かれた。天正二年
   (1574)の八ヶ岳の山津波のため堂宇すべて流失し廃絶し、 その後慶長元年長坂町大八田の曹洞宗朝
   陽山清光寺八世嶺瞻樹察大和尚が古刹の廃絶を憂い、慶長元年(1596)堂宇を再建し、自ら開山となり宗
   派を曹洞宗に改め禅座山安楽寺とした。

 現在は、十六世徳励知正住職。
見どころ
   
■ 天井竜の図(北杜市指定文化財)    (絵天井廊下 小暎作)
  竜の図は、本堂大間(三間半X二間半)の天井一面描かれた墨絵で、その雲を捲し飛竜のさまはまことに
  雄渾である。明治初期の画家高根町蔵原の人三枝雲岱の作です。
■ 絵天井廊下
   絵天井廊下 小暎作で、達磨大師や、一富士二鷹三茄子など66枚のさまざまな絵が描かれています。
■ 山号額
  本堂廊下に掲げてある山号額「禅座山」は、大本山總持寺を能登より現在の鶴見に移転された石川素童禅
  師の書であり大正四年に浅川近吉氏より寄進されたものである。
  ほかにもみどころがたくさんありますので是非ご覧ください。拝観は無料ですが、事前連絡が必要です。

■ ■ 雪景色 ■■
       


お知らせ
■ 八ヶ岳安楽淨苑分譲のお知らせ
          

          



   墓地の種類  : 1)区画墓地  2.7m x 2.7m  2)永代供養墓地
   所在地    : 山梨県北杜市大泉町谷戸2118(安楽寺裏山)
   連絡先    : 宗教法人 曹洞宗 安楽寺  TEL 0551−38−3775)