町屋からの八ヶ岳

町屋歩らり館  

買い物 


谷櫻酒造





 
町屋くん:
あきちゃん:
 
町屋くん :
あきちゃん:
 
ここは、町屋にある日本酒の造り酒屋です。
知ってるさあ、冬は熱燗、生酒もいいね〜。
ぶんきゃあねえうまいぞ
日本酒と言えば谷櫻だな
ぼうだな
お店紹介

■ 谷桜酒造
       
 
 社名  谷櫻酒造有限会社
 創業  嘉永元年(1848) 小宮山酒造所として創業

■ 屋号は古銭屋(ふるぜにや)
  今から約百五十年前の嘉永元年、八ヶ岳を望む蔵の敷地から大量の古銭が掘り出されました。以来、屋号
  は「古銭屋」と称されるようになりました。初代・権左衛門が蔵を築いてから四代目当主の現在まで、八ヶ岳
  の豊かな湧水と良質な米、そして澄んだきれいな空気に恵まれたこの地で、時代が求める味を吟味した酒造
  りを続けています。

■ 谷櫻の酒造り
  厳選した原料といい人材でほんものを造る

   蔵の精米機で厳選した原料である米を機械にかけること三日、一粒の米が磨かれ約半分の粒になります。
   ここから始まる酒造りの工程。ちいさな米粒は大切に扱われ、杜氏を中心とした蔵人たちの(手)によって仕
   込へと入ります。蔵には「蔵くせ」、人には「人くせ」という言葉が酒造りにはありますが、当主は「酒には人の顔
   と同じように個性がある」と語ります。それは「もの言わぬ酵母に人が気をつかう」という繊細な作業の中から発
   した酒造りの本音です。微妙に変化する温度を管理し、発酵の息づかいに神経を注ぎこむ日々、昼夜の区
   別なくすべての時間が酒造りのために過ぎていきます。

谷桜のお酒
      

          

■ 酒の味は米、香りは酵母、口あたりは水質と言われます。
    原料の米に、酒造好適米の中でも良質な山田錦や美山錦、有機栽培米を使用。
   麹は、蔵人が丹精込めて丁寧に造りだす。
   水は、深井戸にこんこんと湧く名水・八ヶ岳南麓高原湧水群の伏流水。

この他にもたくさんの種類のお酒があります。
そんな谷櫻酒造を一度訪れてみてはいかがでしょうか

詳しくはホームページを見てください。   http://www.tanizakura.co.jp